ヘアケアの基本のこと

ヘアケアといったら、トリートメントなど、髪に潤いを与えるものを思い浮かべる方が多いですが、実は最も重要なのが「シャンプー」や「リンス、コンディショナー」といった、毎日行う基本のヘアケアアイテムです。シャンプーやコンディショナーを正しく使用することで、健康な頭皮や、美しい髪を保つことができます。シャンプーを行う際はまずしっかりお湯ですすいで、ある程度髪についた汚れを洗い流しておきます。

続いて、シャンプーを適量手のひらに取り、もう一方の手であわ立てながら、頭に付けます。この時髪に付けるというより、頭皮に付けて、指の腹を使って、念入りにマッサージしながらじっくり泡立てます。爪を立てると頭皮を傷つけてしまうので、必ず指の腹を使います。マッサージが終わったら、よくすすぎます。シャンプーが残ると頭皮の毛穴を塞いでしまうので、洗い残しが無いように、しっかりすすぎます。

次はリンス、コンディショナーです。適量手に取り、次は髪に付けます。あくまでもツヤを与えるものなので、頭皮に付けず、髪に付けます。髪に行き渡ったら、すすぎます。時間をおくと頭皮に入り込んでしまいますし、時間を置いたからといってツヤがアップするわけではないので、一通り髪に塗り終わったら、すぐにすすぎます。この時も、洗い残しの無いようにします。終わったら、ゴシゴシせずにタオルドライをして、ドライヤーで髪を乾かします。以上で、基本のヘアケアは終了です。

誰でも知りたい美容液
人気の美容液
ときとして薄毛in大阪
薄毛治療の動画
詳細なくすみ対策@Yahoo!

コストパフォーマンスを考えたコンタクトレンズ選び

レーシック等で視力回復をする方も増えてきましたが、まだまだコンタクトレンズのお世話になる人も多いと思います。さて、何を基準に選ぶかですが、純粋に値段だけを考えると従来型のコンタクトレンズということになるかもしれません。確かに価格だけでいえば、ハードにしろソフトにしろ1度買えば、きちんとケアすれば2年位使えるコンタクトレンズがいいかもしれません。

しかし、コンタクトレンズは日々使うものです。従来型の場合はケア用品を買ったり、なくしたり壊したりして買い直すリスクもあるかもしれません。たまに昔の映画やドラマを見てるとレンズを落として大騒ぎで探しているシーンがありますよね?まさに高価で貴重なものでした。その概念を見事に壊してくれたのが、そう使い捨てコンタクトです。利用できる期間は様々ですが、いずれにせよ使い捨て、一定の期間を使ったら捨ててしまいます。

価格だけを見たら使い捨てレンズの方が高いですね。でも基本的にレンズ以外のケア用品を追加で購入する必要はありません。(ケア用品がいらないということはケアそのものの手間がないことを意味します。)万一、なくしたり壊したりしてもダメージは少ないですね。そして何より使い捨てですからいつも清潔な状態で使えます。装用感、清潔感共に抜群です。といったことから最近は使い捨てコンタクトレンズが主流になりつつあるようです。一概にどちらがいいとは言えませんが、正しく使って、定期的に眼科検診を受ける必要があるのは変わりません。

あまりにも美白成分
スカルプDの依存症
誰もがスカルプD
女性向け育毛治療とは
美白化粧品とは